| English |






日本外傷学会総会・学術集会

第31回日本外傷学会総会・学術集会(第1次会告)

第31回日本外傷学会総会・学術集会
会 長 北野 光秀
済生会横浜市東部病院 横浜市重症外傷センター

“外傷手術への挑戦”

 外傷の初期診療JATECや病院前救護におけるJPTECなどの普及から,本邦の重症外傷診療の成績は,徐々に改善しつつあります.これには本会が大きく寄与し,診療の標準化がはかられたことから,一般の医師でもある程度の初期診療を施行することが可能となりました.このJATECでも,ショック状態でFAST(+)となりますと手術適応となり緊急開腹手術をおこないます.予定手術の術式を用いて治療できることが多いですが,凝固障害のある臓器損傷など,ときに対応に困難を感ずる局面に遭遇します.また,胸部外傷におけるダメージコントロール手術など,いまだ定型化されていない手術もあります.

 今回の学術集会では,要望演題として,このような通常の手術術式では処置しきれなかった外傷症例や,定型的術式を施行して合併症で苦労した症例などを提示していただき,会員の皆様とディスカッションを行いたいと存じます.また,その中で興味深い症例はワークショップ“外傷手術への挑戦”として集中的に議論を行いたいと存じます.手術の様子は写真やビデオなどがあればいいですが,なかなか撮影できないので手書きのシェーマによる説明でも結構です.積極的なご参加をお願い申し上げます.

 みなさん,港のみえる横浜の地で,外傷手術に関して心行くまで議論していただき今後の外傷診療の糧にしていただければ幸いです.

 多くの皆様のご参加をお待ちしております.


会 期:
2017年6月1日(木)~2日(金)
会 場:
パシフィコ横浜会議センター
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
公式ホームページ:
http://www.procomu.jp/jast2017/
演題募集期間:
2016年12月1日(木)〜2017年1月23日(月)
学術集会事務局:
済生会横浜市東部病院 救命救急センター
〒230-0012 神奈川県横浜市鶴見区下末吉3-6-1
TEL:045-576-3000(代)
事務局長:山崎 元靖
学術運営担当:
株式会社プロコムインターナショナル
〒135-0063 東京都江東区有明三丁目6番地11 TFTビル東館9階
TEL:03-5520-8821 FAX:03-5520-8820
E-mail:jast31@procomu.jp


一般社団法人 日本外傷学会 The Japanese Association for The Surgery of Trauma. All rightsreserved.