日本外傷学会雑誌36巻4号(オンラインジャーナル)公開のご案内

2022年10月20日


 2022年10月20日に、日本外傷学会雑誌36巻4号(Journal of the Japanese Association for the Surgery of Trauma, Vol.36, No.4)が、オンラインジャーナルとしてJ-STAGE(科学技術情報発信・流通総合システム;独立行政法人科学技術振興機構)に公開されました。
 J-STAGEへ登載された論文は会員以外の方にも閲覧可能となっております。より多くの臨床医・医学研究者の方が本学会雑誌の論文を目にすることになりますので、益々多くの論文をご投稿くださいますようお願い申し上げます。

一般社団法人 日本外傷学会
編集委員会委員長 溝端 康光



日本外傷学会雑誌36巻4号

臨床検討

JTDBデータから分析した外傷性腹部臓器損傷の特徴
帝京大学 横田 茉莉,他…332

症例報告

経カテーテル動脈塞栓術後に尿溢流による膿瘍を合併した鈍的馬蹄腎損傷の1例
兵庫医科大学救急災害医学 白井 邦博,他…343
肝損傷Ⅲbおよび右腎動脈損傷に対し肝右葉切除かつ右腎動脈再建を同時に施行した1例
埼玉医科大学総合医療センター高度救命救急センター 松田 真輝,他…349
鈍的腹部大動脈損傷に対し,ハイブリッドERでステントグラフト留置により救命した1例
東京都立墨東病院高度救命救急センター 松永 裕樹,他…353
出血性ショックを伴う急性硬膜外血腫に中硬膜動静脈瘻と頸動脈海綿静脈洞瘻を併発した1例
名古屋医療センター救命救急センター 森田 恭成,他…359
術中ICG蛍光法用いて一期的に腸管切除・吻合を施行した外傷性消化管損傷・腸間膜損傷の1例
鹿児島市立病院救命救急センター 安武 祐貴,他…364



一般社団法人 日本外傷学会 The Japanese Association for The Surgery of Trauma. All rightsreserved.